会社設立の際の強い味方!税金の事なら税理士にお願い

税理士に相談すれば、税務関連はもう安心!

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

税理士とは?意外に広く活躍する税理士

税理士の仕事についてご紹介します。種類が多く複雑で分かりにくい税金関係のことを相談できるのが税理士です。会社設立時から、また個人でも、かかりつけ医を作るように、親しい税理士を作っておくことをおすすめします。具体的に税金に関する何を頼めるのかを知っておきましょう。 続きを読む

こんな時は税理士に頼もう

税理士とはいったい何をする人でしょう。何やらかたい感じがしますが、実際には難しくてややこしい税務関連、会計関連を助けてくれる強い味方です。もちろん、税理士もいろいろなひとがいて、性格も人柄も様々ですが、税理士の仕事というのは、事業や暮らしの中で税金で損をしないように、また気づかないうちに利益が上がっていて、税務署から思わぬ高額な税金を請求されたりということを防ぐため、会計管理のアドバイスをすることが主です。
そして、青色申告や確定申告書の作成など請け負ってくれるのも税理士です。書き方に自信がない、期限が過ぎてしまったなど確定申告の悩みは税理士に相談しましょう。どうしても「士」が付く職業は敷居が高く、相談しにくい印象がありますが、税理士は税務署のようにペナルティを与えたりするところではないので怖がらなくていいのです。どちらかと言うと税務署から罰せられないためにアドバイスしてくれる味方が税理士だと言えるでしょう。
そのほかにも、地域の税金相談や、時には税務訴訟の場で補佐人として弁護士と出頭陳述したり、また株式会社の役員として、取締役と書類を作成する会計参与としての役割も担います。
行政・司法の場では国税不服審判所で国税審判員として、地方公共団体では監査委員として、家庭裁判所においては民事・家事調停員としての働きもします。
このように、思いのほか広い範囲で活躍する税理士の代表的な仕事について、もうすこし詳しく見てみましょう・

税理士を選ぶポイント

税金関係のことは、ネットの情報に頼るよりも、税理士を探して相談してみましょう。税金のことは、会社の経営や利益にかかわる大事なことです。細かいことも相談できるかどうかは、税理士との相性にもかかっています。どんなポイントに気を付けて税理士を選べばいいでしょうか。 続きを読む

個人でもこんな時には税理士のお世話になろう

税理士の顧客は中小企業の経営者だけとは限りません。個人でも相続や確定申告、とにかく税金関係のことは分かりにくく、頭が痛いものです。事業主でもなければ普段は縁のない税理士ですが、不動産を売却した、相続をしたなど、税金について分からない時は気軽に相談しましょう。 続きを読む