会社設立の際の強い味方!税金の事なら税理士にお願い

税理士に相談すれば、税務関連はもう安心!

税理士とは?意外に広く活躍する税理士

税務調査関連は税理士に早めに相談

事業を始めると、そのうちに税務署から税務調査の実施の連絡が入ります。突然の税務署からの知らせにどうしても慌ててしまいます。いったい何をどうすればいいのか焦ってしまいます。でも、こんな時は税理士に頼りましょう。税務調査に対する対策・立ち合いを行うのも税理士の大きな仕事です。
税務調査の対策は事前に行うことがとても大切ですから、連絡を受けたら早めに税理士に相談しましょう。税務調査で確認される帳簿や資料についても税理士がぬかりないように修正・申告してくれます。そして立ち会うことで税務署の質問にも対応し、交渉してくれます。税務署の追及に対応できるのはやはりプロである税理士の方が有利です。税金の追徴などにできるだけならないように税理士にお願いするといいでしょう。

確定申告も税理士に

ややこしい確定申告の書類も税理士に依頼することができます。自分で作成するのは慣れないと大変です。そして、書き方がわからなくて期限が過ぎてしまったような場合やこれまで申告したことが無いという場合も安心です。必要な書類を税理士に渡すだけでいいのです。オンラインで申告する「eーTax」にも対応してくれる税理士も多いでしょう。
個人事業主や副業をする人の節税のための青色申告についても書類を作成してもらえます。やり方もアドバイスしてもらえるので安心です。
気になる節税については素人が聞きかじりの知識でやろうとすると、思いがけない不備などが発見されたり、逆に高い税金や場合によっては罰金を払わなければなりませんから、税理士に頼んだ方がいいでしょう。


この記事をシェアする