会社設立の際の強い味方!税金の事なら税理士にお願い

税理士に相談すれば、税務関連はもう安心!

税理士を選ぶポイント

税理士の選び方

全国で約75,000人以上いると言われる税理士から、自分に合う税理士を探すのは、なかなか大変です。税理士事務所によって費用もかなり違ってきますが、特に顧問契約を交わすときには、安く済ますことだけでなく、できるだけ良心的で信頼できる、話しやすい人を見つけたいものです。節税の件ひとつでも、出来るだけ節税したいというクライアントの気持ちを理解して、出来る限りのことを考えてくれるなど、とにかく経営のパートナーとして気になる事や疑問を、何でも気兼ねなく相談できる関係が築けることが理想です。次に、どんな時に税理士に相談するといいかをまとめてみました。特に個人事業主として開業したい場合や会社設立時などは、運転資金を融資する際などにも、税理士の力を借りたほうがスムーズな場合も多いのです。

税理士に依頼するとき

新しく事業を始めるとき、会社設立する際には相談するといいでしょう。やり方が分からないという場合はもちろん、税金対策も最初が肝心ということもあります。やり方を間違えると税金を無駄に多く払う羽目になります。
そして、会計処理や帳簿の付け方が分からない場合は税理士に相談です。やり方をアドバイスしてもらい、スムーズに出来るようにしましょう。
そして、売り上げが1,000万円を超えると、課税事業者となり、消費税を納めなければならなくなります。1,000万円超えた時点で早めに知らせ、対策するようにしましょう。
そして、税務調査の連絡が入ったら、これもまた早めに知らせて対策していきます。
このようにマメな連絡を取ることが必要となりますから、普段から些細なことも話したり出来る信頼できる税理士を見つけましょう。


この記事をシェアする