会社設立の際の強い味方!税金の事なら税理士にお願い

税理士に相談すれば、税務関連はもう安心!

個人でもこんな時には税理士のお世話になろう

相続にかかる税金に関して

平成27年から相続税について大きく変わりました。基礎控除額が下がり、相続税を払う基準が低くなったため税金を払わなければならない人が増えました。相続税についてはなくなってから10カ月以内の申告が必要です。税理士に相談して出来るだけ負担が軽くなるようにしたいものです。また、他に個人で確定申告する必要がある場合は、
・家を購入してローンを組んだ
・年間10万円以上医療費がかかっている
・副業で20万以上収入がある
・年収が2,000万円を超える
・不動産などを売った
などです。確定申告は複雑で、不慣れだと優遇措置を受け損なったり損をする可能性もあるので、自信がない方は税理士に相談しましょう。
そのほかに資産の譲渡によって所得があった場合など、税金に関する特例がいろいろありますが、条件など複雑です。やはり税理士に相談して損のないようにしたいです。

身近な税金の専門家

このように、税理士の仕事は意外と身近で、個人にかかわりの深いものだということが分かりました。特に個人事業主などには、事業を円滑に始めるために、運転資金を融資したい時、そして、むだに税金を払わないために無くてはならない存在だとも言えます。また個人で、いわゆる顧問契約を交わさなくても、確定申告など単発で依頼したり相談することもできることが分かりました。
あとはいい税理士見つけることができればいいのですが、それがなかなか難しくもあります。税理士事務所によって費用もけっこう差があるので、複数比較して決めたいのですが、かなり根気が必要です。そこで、無料紹介サービスなどを利用して、探してみるのがいいでしょう。


この記事をシェアする