医薬品でニキビを消す

医薬品でニキビを消す

医薬品,ニキビ,消す

 

ニキビの薬には医療用医薬品と一般医薬品と医薬部外品があり、一般医薬品には第一種医薬品と第二種医薬品と第三種医薬品があります。薬用効果のあるケア用品としては医薬部外品があり、医療用医薬品は医師の診断と処方が必要です。

 

皮膚科がニキビに処方するものには抗生物質やホルモン剤やビタミン剤等、様々な種類があり市販薬よりも幅広く対応が出来ます。一般医薬品は通称OTC医薬品と言われていて、誰でも購入する事が出来ます。第一種医薬品は薬剤師によって情報提供が義務付けられ、第二種医薬品は薬剤師や登録販売者が常駐する店舗のみでしか購入出来ないです。

 

薬の種類には市販のニキビ薬があり、適量を患部に塗布だけの塗り薬が主流で、ステロイドの長期間使用は逆にニキビの原因になるので注意が必要です。大きく腫れたニキビに効果があるが、継続的に広範囲に使用しないようにします。

 

医者に処方してもらえる薬で、抗生物質はニキビの原因のアクネ菌を抑えるために使用して赤みを改善していきます。即効性があるので、瞬時に改善したい時に使用します。抗炎症剤は、飲み薬と塗り薬の両方あります。皮脂分泌抑制剤は飲み薬にはビタミンB2やビタミンB6やビタミンCや女性ホルモン剤があり、塗り薬にはイオウカンフルローションがあります。

 

ビタミン剤は皮膚組織の回復を早めて、肌の新陳代謝を高めます。

イソジンがニキビ跡に効く

医薬品,ニキビ,消す

 

イソジンはうがい薬の代表的なもので、殺菌作用によって風邪菌を殺して風邪を予防していきます。イソジンをニキビに塗ると、治す事が出来ます。イソジンの成分には、ポビドンヨードというヨウ素に含まれている抗微生物成分が配合されています。

 

ポビドンヨードには殺菌作用があり、うがいをする事で口内の細菌を殺菌や切り傷の殺菌消毒として効果があります。殺菌力が、非常に高いとされています。ニキビの元であるアクネ菌をも殺菌する事が出来て、根本的にニキビを治せます。

 

他にもマラセチア菌や黄色ブドウ球菌等の菌類を殺菌出来て、マラセチア菌がおでこのぶつぶつや背中のニキビの原因となります。黄色ブドウ球菌はケロイド状のニキビや化膿を伴うニキビを引き起こすため、イソジンは有効的です。通常の殺菌剤では殺菌しないアクネ菌も死滅させるので、ニキビ跡にも効きます。

 

イソジンをニキビに塗ると、白ニキビや黒ニキビは2.3日で直ります。赤ニキビであれば、1週間以内に症状が改善されます。背中ニキビやおでこのぶつぶつや、ケロイド状や化膿を伴うニキビも1週間程で改善されます。ニキビ跡は3週間使うと、症状が改善していきます。

 

やり方はイソジンは1日1回洗顔後に使用し、化粧水のようにコットンに付けてニキビ部分に軽く塗布するだけです。

ニキビに対する硫黄の効果

医薬品,ニキビ,消す

 

硫黄の効果には、殺菌作用によって肌に異常繁殖したアクネ菌やその他の細菌を減少させる働きがあります。角質が柔らかくなる事で、毛穴の出口が塞がれる事を防いで毛穴に詰まっている皮脂や雑菌を外に出す作用があります。硫黄で最も強い効果には、肌表面を乾燥させる事です。

 

硫黄は皮脂分泌を抑制して過剰な皮脂を減らして、皮脂が毛穴に詰まらないようにしてくれます。ニキビが出来るのは、毛穴に皮脂が詰まる事だからこれを防いでくれます。硫黄が効くニキビは、思春期のニキビです。思春期と大人ニキビには違いがあり、思春期ニキビは皮脂が過剰になり毛穴に詰まるのが原因です。

 

大人ニキビは皮脂の過剰分泌が原因ではなく、乾燥でバリア機能が壊れるのが原因です。皮膚を乾燥させる硫黄は、思春期ニキビに効果があるのです。皮脂の過剰分泌が原因の大人ニキビには、効果はないです。大人でオイリー肌の人は少なく、ほとんどが乾燥肌か混合肌です。

 

オイリー肌だと思っている人でも、乾燥が原因で皮脂が多いのかもしれないです。実は乾燥肌である場合もあり、硫黄剤を使用するのは控えます。ニキビ跡を治すには、ターンオーバーを正常に整えて肌サイクルを促す事が大切です。保湿もしっかりと行うのも重要です。

ディーフラットニキビケアクリームの通販購入はこちら!トップページへ何をやってもニキビが治らない方、ニキビ跡の赤みが取れない方はトップページでディーフラットニキビケアクリームの詳細も確認してみてください。