ニキビの赤みを消す方法

ニキビの赤みを消す方法

ニキビ,赤み,消す,方法

 

ニキビは皮脂や古い角質が毛穴に詰まる事で起こりますが、直ぐに肌が赤くなるわけではありません。最初は白ニキビで、毛穴に詰まった皮脂が白く見えているだけです。白ニキビが悪化すると、毛穴に詰まった皮脂が押し上げられて毛穴が開きます。

 

空気に触れると酸化した皮脂が黒ずんで、黒ニキビになります。更に悪化すると詰まった皮脂が栄養源になり、皮膚の在住菌であるアクネ菌が増殖して炎症が起きるのでニキビやその周辺が肌が赤くなります。これが赤ニキビで、ニキビの炎症がひいたとしても赤みだけが残ります。

 

赤ニキビの治療法は、殺菌効果や炎症効果のある抗生物質の飲み薬や塗り薬が用いられます。炎症が激しい場合は、ニキビ直後にステロイドの局所注射を打つ方法もあります。炎症に特化しているので、短時間で炎症が抑えられます。

 

自宅で消す方法は、ビタミンC誘導体入りの化粧水がお勧めです。ビタミンCには美白効果や皮脂の分泌を抑制する効果があるが、そのままでは浸透しにくかったり不安定で壊れやすいです。ビタミンCを化学的に手を加えたのが、ビタミンC誘導体です。

 

ビタミンC誘導体には種類があり、リン酸パルチミン酸型が最も効果が高いです。クリニックではイオン導入器で肌に浸透させるので、自宅で行うよりも高い効果が得られます。

赤いニキビの治療の仕方

ニキビ,赤み,消す,方法

 

炎症を起こしている赤いニキビは、放置したり自己判断で間違ったケアを行うとニキビ跡が残ってしまう事があります。一刻も早く炎症を鎮める必要があり、早急に皮膚科に行ってドクターに相談します。赤ニキビの治療で重要な事は、早急に炎症を鎮める事です。

 

炎症が起きている状態が長いと、毛包を超えて真皮の広範囲のコラーゲン線維の萎縮や癒着を生じてニキビ跡が残る原因になってしまいます。ニキビ内部の角質や皮脂や膿等を出す事も必要で、抗生剤等の炎症を抑える治療だけよりも膿を取り除く方が早くニキビを治せます。

 

抗生剤は炎症の元になっているアクネ菌を殺菌したり、増殖を抑える働きがあります。ニキビは長期間の治療が必要なので、一般的にはマクロライド系抗生物質と言われる副作用が比較的少ない好中球の遊走を抑える抗生物質が処方される事が多いです。

 

抗生物質の内服薬は、炎症の元になるアクネ菌を殺菌したり増殖をおさえてくれます。抗生物質の外用薬はニキビに直接クリームを塗って、アクネ菌やブドウ球菌を殺菌する効果が高いです。注射治療は患部の炎症が激しい時やしこりが出来て固くなっている時にニキビに直接抗生物質やステロイド剤を注入します。

ニキビの膿を出すと早く治る

ニキビ,赤み,消す,方法

 

ニキビを治すには、まず溜まった膿を出す所から始まります。ニキビの膿を前部外に出してしまうと、ニキビの治りが早くなります。肝心な事は全部出し切る事だが、自分では中々前部を出し切る事は出来ないです。中途半端に出して膿が残っていると、再び膿が溜まってしまいます。

 

炎症を起こしている赤ニキビや黄ニキビの膿を無理に出し切ろうとして、指で押したり爪でつまんだりして強い圧力をかけてしまう事があります。ニキビ肌に大きなダメージが与えられてしまう可能性が高まり、ニキビを潰す時に肌に加わる圧力が強い程刺激になります。

 

内出血を起こしてしまい、ニキビの赤みを長引かせてしまいます。皮膚が破けるとギザギザの傷になるので、綺麗に治らない可能性もあります。雑菌が多い指や爪で行ってしまうと、新たなニキビを作ってしまいます。

 

ニキビの膿を出すのに失敗をすると、同じ場所に炎症を繰り返し起こす事になります。色素沈着やニキビ跡になるリスクが増えてしまったり、膿を出す時に肌を傷付けると細菌感染する可能性もあります。ニキビが悪化して炎症が広がると、クレーターのようなニキビ跡が出来てしまいます。

 

治療はコメドセッシ等の器具を使って角栓や膿を綺麗に排出した後に、抗生物質等の静菌作用のある内服薬と症状に合わせて塗り薬を処方してもらえます。

ディーフラットニキビケアクリームの通販購入はこちら!トップページへ何をやってもニキビが治らない方、ニキビ跡の赤みが取れない方はトップページでディーフラットニキビケアクリームの詳細も確認してみてください。