亜鉛でニキビを改善

亜鉛を摂取してニキビを改善する

亜鉛,ニキビ,改善

 

亜鉛は人間が生きるためには欠かせないミネラルの1つで、200種類以上もの酵素の構成成分になっています。人間の体内には2グラム存在していて、血液や皮膚や骨や毛髪等の代謝の活発な部位に多く存在しています。

 

亜鉛が不足すると新陳代謝が満足に出来ない以外に、肌トラブルも起こしやすくなります。ニキビや肌荒れ等の肌トラブルになる大きな原因には、皮膚細胞の新陳代謝が上手く行われていない事があります。ターンオーバーが正常に行われないと、角質層が健康に保たれなくなり外部からの刺激に弱くなり古い角質が残って毛穴が詰まる原因になります。

 

ターンオーバーと深い関わりを持っている酵素は、多くが亜鉛を構成要素にしています。亜鉛が足りないと細胞分裂が不充分になり肌トラブルの原因となり、ニキビや肌荒れが治るのが遅くなります。細胞の新陳代謝と関係しているので、亜鉛は肌だけではなく爪や毛髪の美しさをキープする事にも繋がっています。

 

亜鉛を多く含んでいる食品には、魚介類は牡蠣やホタテやカニ等で肉類は豚レバーや牛肉等でその他は玄米や納豆や卵等です。摂取する時はビタミンCやクエン酸と一緒に摂取すると、吸収がアップします。反対に食品添加物と一緒に亜鉛を摂取すると、吸収がダウンしてしまいます。

アルコールの摂取するとニキビが出来る原因

亜鉛,ニキビ,改善

 

アルコールを摂取するとニキビが出来やすいですが、その原因は肌の炎症が起きるためです。血管を膨張させて血行を促進する作用があり、お酒を飲むと身体が温かくなり肌にもその影響があります。毛穴が炎症を起こすので、ニキビが出来やすくなったりニキビの痒みが酷くなるのです。

 

ビールや日本酒には糖質が沢山含まれていて、お酒のつまみに揚げ物等の脂質や糖質が多いメニューを食べる人も多いです。糖質や脂質の取り過ぎは、皮脂の分泌を促しニキビが出来やすくなります。肝臓はアルコールを分解するのを促進する働きがあるが、飲み過ぎると肝機能が低下して分解が追い付かなくなり毒素が体内に蓄積されてしまいます。

 

溜まった毒素がニキビになって、肌に現れます。アルコールを分解する時にビタミンB群が消費され、健康な肌を作るのに欠かせない成分なので不足してニキビが出来てしまうのです。ニキビを悪化させないためには、適量で辞める事です。

 

弱い人と強い人がいるので一概には言えないが、ビールは中瓶2本で日本酒は2合で焼酎は1.2合で辞めるようにします。おつまみは揚げ物や濃い味付けを避けて、ビタミンBが豊富なメニューを選んで締めにラーメンやデザートを食べるのも控えます。

 

お酒に含まれる糖質の量から、量が少ない蒸留酒を選ぶようにします。蒸留酒とは、ウイスキーやワインや焼酎等です。

アレルギーでニキビが出来る原因

亜鉛,ニキビ,改善

 

アレルギーは身体を守るための免疫機能が過剰に働く事で起きます。アレルギーのある肌は肌が本来持っているバリア機能が低下して、外部刺激に敏感になっています。

 

外部刺激から肌を守るために、皮脂分泌量を増やしたり角質を厚くするので毛穴が塞がれてニキビが発生しやすくなります。一般的なアレルギーはアレルゲンが体内に侵入する事で反応が出て、痒みと蕁麻疹とくしゃみ等の症状が15から20分程度出ます。

 

これを、即時型アレルギーと言われています。ニキビのようにアレルギーとは思われない症状が遅れて出る事があり、1.2日後に症状が出てこれを遅延アレルギーと言われています。慢性化するニキビはアレルゲンの原因になっている食べ物を、知らないで食べている場合もあります。

 

遅延アレルギーは軽い症状が遅れて出るので、アレルギーの原因が分かりにくです。大人になってからもアレルギーが発症する事もあり、これがニキビの原因になる可能性があります。アレルギーは免疫機能のバランスが崩れると発症して、環境や生活リズムが変化する事でストレスや疲労が溜まり発症します。

 

女性の場合は妊娠や月経でホルモンバランスが変化したり、体質の変化によってもアレルギーが起こります。

ディーフラットニキビケアクリームの通販購入はこちら!トップページへ何をやってもニキビが治らない方、ニキビ跡の赤みが取れない方はトップページでディーフラットニキビケアクリームの詳細も確認してみてください。