ニキビケアクリーム 朝 夜

ニキビケアクリームは朝と夜のどっちに使うのが良いの?

 

ニキビケアクリーム,朝,夜

 

朝は寝ている間に出た汗や皮脂や布団から付着したホコリやダニや前日のスキンケアの余分等、朝の肌に取り除きたいものが沢山あります。しかし夜と同じ洗顔料を使うのは、肌を疲れさせてしまいます。朝は、肌に優しい洗顔料を使用するようにします。

 

夜は肌が休む時間帯で、保湿や栄養を与えて明日の準備を行っていきます。ニキビの原因は皮脂のコントロールや水分不足によるトラブルがほとんどです。

 

夜にニキビケアクリームを使うと肌に必要な成分が詰まるが、朝にニキビケアクリームを使うと油分の多さから皮脂が詰まりニキビを悪化させる原因になります。

 

朝忙しいからとニキビケアクリームの上にファンデーションを乗せてしまうと、肌の水分が飛んでしまって肌が粉っぽくなり肌荒れの原因に繋がります。夜にニキビケアクリームを使っても、寝るだけであるため成分がきちんと浸透しやすくなります。ニキビケアクリームは、夜に使うのがおすすめです。

 

朝は水だけで洗顔をして、乾燥しやすい肌を潤い肌に導いたり刺激に強い皮膚にする事が出来ます。ニキビケアクリームを使わないで、化粧水で乾燥を防ぎます。化粧水の後は乳液やクリームで蓋をして、油分を過剰に抑えないようにします。

脂性肌におすすめのニキビケアクリーム

 

ニキビケアクリーム,朝,夜

 

脂性肌におすすめのニキビケアクリームは、オロナインH軟膏です。オロナインはニキビ以外にも皮膚のトラブルに用いられる事が多く、殺菌力に優れているクロルヘキシジングルコン酸塩液が20%も配合されています。しかし即効性はないため、毎日塗り続ける必要があります。

 

テラ・コートリル軟膏は、強い抗菌作用を持っているオキシテトラシクリン塩酸塩と抗炎症作用のあるヒドロコルチゾンの有効成分が配合されています。ヒドロコルチゾンはステロイド剤の一種であるが、強さで言うと最も弱いステロイドであるため顔等のデリケートゾーンにも使う事が出来ます。

 

だが長期間使い続けると、ステロイド特有の副作用が出る場合があります。ニキビの中でも赤ニキビに特に効き、副作用を気にして短期間だけ使用している人が多いです。ニキビケアクリームではないが、脂性肌におすすめなのがニベアです。

 

セレブがご用達している高級美容クリームのドゥ・ラ・メールに、成分が似ている事で人気になっています。保湿成分としてスクワランとオオバオイルが配合されていて、汎用性が高いです。ニキビを改善するために塗ると、効果のある人とない人がいて人によって効果は様々現れています。

ニキビケアクリームのニキビが悪化しない使い方

 

ニキビケアクリーム,朝,夜

 

基本的にニキビケアクリームを使う時には、洗顔後の清潔な肌に対して使います。使う時には手は綺麗に洗って雑菌や汚れのない清潔な状態で使う事で、ニキビケアクリームを使う時には汚れや雑菌を塗れた手で塗ってしまうとニキビの効き目落ちて十分な効果を得られなくなります。

 

肌と手を綺麗に洗った後は、適量を指や綿棒等で取ってニキビが出来ている箇所に塗っていきます。たっぷりと塗る人がいるが、量を多く塗ってしまうと肌に浸透する成分は一定量であるため効果は変わらないです。製品によっては肌の乾燥を招く事もあり、量は適量を守ります。

 

ニキビケアクリームは、ニキビに対しての有効成分はもちろん抗炎症作用等の成分も配合されている事が多いです。このような成分は、部位によっては刺激になってしまいます。肌にダメージを与えてしまう事もあり、他の部位にニキビ等の肌トラブルを発生させる事に繋がります。

 

また目の周り等の皮膚が薄い部分も刺激になるため、使用を控えます。ニキビケアクリームを塗る時には基本的には、化粧水で保湿を行う前に塗ります。先にクリームが肌に浸透していくため、クリームの副作用での乾燥等をその後の保湿ケアでしっかりとカバーをする事が出来ます。

炎症している赤ニキビはニキビケアクリームで治せる

 

ニキビケアクリーム,朝,夜

 

赤ニキビはニキビが炎症している状態になり、皮脂の分泌量が多い人がなりやすいです。赤ニキビはニキビクリームで治す事が出来て、グリチルリン酸ジカリウムやグリチルリン酸ステアリルやアラントインの成分が、ニキビの炎症を抑える効果があります。

 

赤ニキビにはアクネ菌が増殖している状態で、感光素201やオウバクエキスやサリチル酸はアクネ菌を減らしたり繁殖を防ぐ効果があります。角質柔軟化成分は、肌の角質を柔らかくする成分です。

 

ニキビが出来る原因である古い角質を除去したり毛穴の汚れを外に出したり、ターンオーバーを促進させる効果があります。サリチル酸やグリコール酸が配合されているニキビケアクリームなら、肌の角質が柔らかくなります。

 

赤ニキビに効くニキビケアクリームは、テラコートリルがおすすめです。化膿している皮膚炎や湿疹等に効果があり、炎症した赤ニキビにも効果があると言われています。医薬品であるため、高い効果を期待出来ます。

 

有効成分は、抗炎症作用のあるヒドロコルチゾンやオキシテトラサイクリン塩酸塩が配合されています。ステロイドも配合されているため、効果は強めであるが中々治らない赤ニキビに悩んでいる人におすすめです。

ディーフラットニキビケアクリームの通販購入はこちら!トップページへ何をやってもニキビが治らない方、ニキビ跡の赤みが取れない方はトップページでディーフラットニキビケアクリームの詳細も確認してみてください。